結婚相談所物語

セミナーに参加して~その2

孫がまだ幼い頃、


母親である私の娘が病で早世致しました。


こんな幼い子供を置いてさぞや娘も無念であったことでしょう。


それより何より孫が不憫で、


忙しい父親に代わって私が母親となり育てることにしました。


まだ年端もいかない孫は、


おそらく随分成長するまで


私を本当の母親と信じていたように思います。


私もなるべく甘やかさないようにし、


大学も思い切って地元から東京へ出し、


そのまま東京で就職したいと言ってきた時も


背中を押してやりました。


娘ならどうしていた?


といつも心の中で実の母親に話しかけての決断です。


今では孫の父親も祖父である私の夫も亡くなり、


それで親一人子一人になってしまいましたが、


心の中で娘に語りかけるとは言え


実際に子育てについて相談する相手がいなくなってしまったのは、


大変心もとなかったです。


子育ての最後の仕上げ、


大きな仕事がまだ残っていたのですから。




結婚するとお嫁さん側に行っちゃうし、


お一人は寂しいでしょうから手元に置いておけば?


そう仰る方も少なからずいらっしゃいました。


でもそれは親のエゴだと思います。


前回の話を読む
次回の話を読む


大阪(事務局) マリッジコンサルタント 山名

結婚相談所物語、内容紹介 結婚相談所物語、内容紹介
婚活(こんかつ)から成婚までの考え方やアドバイス、大阪、京都、神戸、と関西に支社を持つ当相談所内で起こった出来事など、様々な物語を綴っています。
※婚活・成婚エピソードは実際の出来事を元にしていますが、記載されているお名前などは全て仮名です。