結婚相談所物語

大切な生涯にかかわる結婚

エムロードは結婚を決める結婚相談所です。


今、全国に存在する結婚相談所は6000社以上と言われています。
その多くがデータ提供の会社です。


データ提供というのは、単にプロフィールデータを送付し、人柄や育った環境などわからないままデータ上で相手を選び、本人同士が良ければ会うという、全く人の手が介入しないマッチング方法で、データの量だけにこだわり、成婚は自力でどうぞ的な方法です。
統計学的に数パーセントの確率で結婚相手に巡り合えることはあるでしょうけど、それはそれは至難の業。
これで本当に生涯のパートナーが探し出せるのでしょうか。
単に出会いを提供するだけなら、身の危険を伴う出会い系やマッチングサロンと変わらないのです。

それに反し、エムロードでは昔ながらの手作りのお世話でお相手探しをする会社です。
その成婚率の高さの秘密やアドバイスを、現場からアドバイザーが伝えていきたいと思います。

昨今の結婚事情1

"婚活"・・・・今年の流行語の一つとなりそうなくらい使われ始めましたね。
いまどきは、婚活しなきゃ結婚できないよと言われるぐらい。


確かに厚生労働省の調査にもあるように、現代の若者で20代で結婚する人は約5割。
残り5割の人が30代で結婚するのはなんと3割にも満たないという現実。
生涯独身率も確実に伸びていくことでしょう。


昔は女性は25歳までに男性は30歳までに結婚するのが当たり前のようだったように、
身近にお世話をする人がどこにでもいたものです。
それが現代では人との関わりの希薄も手伝ってその当たり前が当たり前ではなくなってきたのです。


出会いがない・・・・


エムロードを訪れる人の一番の理由です。
出会いがなければ結婚はできません。


エムロードはその昔ながらのお世話をさせていただいています。
寿命とご縁は誰にもわかりませんが(笑)


だけど、ご縁は働きかければ必ずやってきます。
時間の経つのは早いものです。


ご良縁をどんどん逃していませんか?

出会いがすべての始まり

忙しい毎日が続いています。でも、とても充実の日々で、感謝、感謝なのです。


毎日いろんな方のご相談を受けます。新しい出会いがあり、
お一人お一人のドラマに触れることができます。


本当に物語がたくさんあります。そしてこの仕事の必要性を痛感します。


なんといっても最近は、"出会い"が少なくなったということです。


「会社は男ばかり、数少ない女性は既婚者ばかり。スポーツクラブなどに行っても、
若い時のように女の子に気軽に声をかけられないし、会社と家の往復だけじゃ、
女性と出会うチャンスがないですから」と話す男性会員Tさん。白い歯が印象的。


先週入会したばかりの女性会員K子さんは童顔で、
いつも年下に間違えられてしまうとか。


一緒にみえたお母様が「近所の人もまだ若いと思うらしく、
誰も縁談をもってきてくれなくて。


うちは親戚中みんな童顔だから」とコロコロ笑う。横ではみかにながらK子さんがニコッ。
気立てのいいお嬢さん。温かい家庭で育ったのがよーくわかります。


うーん、やはり私たちの出番ですね。
"出会いがすべての始まり"これからどんなドラマが始まるのか楽しみです。

結婚相談所物語、内容紹介 結婚相談所物語、内容紹介
婚活(こんかつ)から成婚までの考え方やアドバイス、大阪、京都、神戸、と関西に支社を持つ当相談所内で起こった出来事など、様々な物語を綴っています。
※婚活・成婚エピソードは実際の出来事を元にしていますが、記載されているお名前などは全て仮名です。