結婚相談所物語

プロフィールの約束

写真と文字。


それだけで出来るだけその人物を表現しなければならない。


物ならサイズさえ正確に表示すればおよその形状はわかるけど、


人間の場合は身長と体重を表しても筋肉質か


そうでないかでも随分と印象は変わるから難しい。


それでも、


やっぱりこれは太りすぎでしょ、


というレベルはあるものだ。


彼の写真は意志の強そうな眉毛も凛々しく


なかなか好男子に撮れていた。


だけどそれが限界だった。


太り過ぎである。


体格がいいのも個性のうち、


かもしれないが理由のない太り方はやっぱり敬遠されるだろう。


そう思ってダイエットを勧めた。


結婚相手として見るならやっぱり丈夫で元気が一番よね、


若いうちはいいけどこのままだと


成人病の予備軍に早々に仲間入りすると思われるよね、と。




かくしてプロフィールの写真は入会時の恰幅の良い姿のままだけど、


彼の涙ぐましいダイエットの日々が続き、


いや、実際この目で見たわけではないけど多分そうだったはず、


サロンを訪れる度ごとに彼の体躯は目を見張るほど


見事にシェイプアップされていった。


その変貌ぶりの驚きもさることながら、


意志の強さは天晴れだった。


いよいよ20kg減となった時、


もういい、


これ以上痩せないで、


と言った程だった。


そうは言っても、


プロフィールをゆっくりと眺めている女性会員に、


毎回毎回、


この男性はね、


今やダイエットに成功してこの写真よりずっと精悍なのよ、


などと説明するのも憚られる。


だけど、


彼女のプロフィールをめくる手元が何となく


彼のページを行きつ戻りつしている気がして、


その時は自然に言葉が出た。


「会ってみる?ご両親が経営している会社の次期後継者さんよ」と。


彼女がまんざらでもない顔をしたので、


「実はこの写真の時より20kgもダイエットしているのよ」


と付け加えた。


彼女はしばらく考えて、


「会ってみます」と答えた。




お付き合いは順調に続いた。


派手さはないけど、


意志を貫く男性とそっと見守る女性の、


何ともバランスのいいカップルだ。


しかし、


このまま上手く行くだろうと思っていた矢先、


新たな問題が生じた。


プロフィールには男性の両親とは同居の必要はない


と書いてあったが、


この条件に変更が生じたのだ。


結婚をして自分たちの会社の経営に


本腰を入れて欲しいと願った彼の母親が、


自宅を二世帯住居に建て直すと言い出したのだ。


全くの同居ではないにしても


同じ敷地内で暮らすことには違いない。


こういう場合、条件が違う!


と気色ばんで言われることもままある。


プロフィールはある時点を切り取った一片に過ぎないから、


と言いたい言葉はぐっと飲み込んで、謝った。


しかし彼女はこう言った。


「そもそも彼のプロフィールの写真からして


違いましたものね。


こういうことはこれからもずっとありますよね。


結婚生活はきっと事情の変更だらけですよね。


でも彼とならやっていけそうです。」


プロフィールに書かれている条件、


この頃はスペックとも言われる項目。


だけど人は物ではない。


時の流れが止まらない限り生きて変化していく。


プロフィールとは本来それを織り込んで読むものだけど、


そうすることは意外と難しい。


けれどもせめて難しいことだということを


理解しているだけでも随分と違う。


熟考し自分で判断しようとするからだ。


ここは迷うところなのか、


すっぱりと結論づけるところなのか、


それは人それぞれなので決して意見を押し付けることはできない。


彼女は彼女なりにプロフィールを読み取り、


実にすっきりと彼の"意志の強さ"を信じて、


それを優先して、


自分で結論を導いたのだった。


プロフィールに表されているものー


それは彼、彼女、自分、あの人、のある時点の姿。


ほら、こうして眺めている間にも変化していく。


結婚は、


プロフィールの姿を無理に維持することではない。


無駄に拘束することでもない。


彼女のように本質だけを読み取って


あとは自分たちで描いていくもの。


だから結婚には創造の楽しみがある。


だから自分たちだけの結婚生活となる。


大丈夫、


貴女ならきっと自分で幸せをみつけて掴んでいけますよ、


と私は心でエールを送った。


おめでとう。


末永くお幸せに。


大阪(事務局) マリッジコンサルタント 山名

恋愛=結婚?

「卵が先か鶏が先か」


とはよく耳にする問答です。


でも私たちアドバイザーには


こんな問答がつきまといます。


「経験が人を作るのか人が経験を誘うのか」


経験するということを


ポジティブに考えた先に結婚があった、


そんな日常を目の当たりにしていると、


どうしてもこの問答が浮かぶのです。




恋愛の経験がないので、


と恥ずかしそうに言う人がいます。


そういう人はたいがい、


恋愛=結婚という等式が当たり前であるような、


商業ベースのキャッチコピーが刷り込まれています。


恋愛経験のない自分には結婚は難しいのではないか、


恋愛できなければ先に進めないのではないか


と不安に思うのでしょう。


しかし、人と人が一緒にいられる根拠に


恋愛感情しかないという法則はどこにあるのでしょう。


例えば友情。


初めましての瞬間には何の感情は無くても、


会話をし行動を共にしていくうちに


気心知れた仲になっていくではありませんか。


例えば親子。


我が子とはいえ誕生したばかりでは


未知の相手に時には苛立ち時には対立しながらも、


気がつけば無償の愛の対象になっているではありませんか。


大切なのは、


どんな相手にせよ付き合いの経験を積もうとする気持ち、


そしてその目的を間違えないことなのです。


共に恋愛経験のない男女がいました。


彼は真っ正直なあまり、


恋愛感情のない交際はいけないことのように思っていました。


一方の彼女は恋愛に憧れ、


自分で勝手に夢想した交際の形を追い求めていました。


だから、現実の交際に関して彼は下手、


彼女は踏み込むことすらできない、


そんな状態でした。


そこで二人には、


それぞれの"経験"を積んでいただくことにしたのです。




彼には、ドラマのように迸るような感情が


必ずしも結婚には必要ないということを理解してもらうため、


交際を一歩一歩積み重ねていきながら


自分の感情の変化を見つめる経験。


彼女には、


小説のように甘い恋愛が


必ずしも幸せな結婚の条件ではないことを理解してもらうため、


現実の交際を通して


日常の中にもひそんでいる喜びを見つける経験。


ヒートアップとクールダウンと、


アプローチの仕方は違いますが、


ただ一つ、


二人に共通して守ってもらったのが、


現実の結婚を目的にするということでした。


時には背中を押すこともありましたが、


彼も彼女も経験するごとに、


まさに経験が人を作るが如く変わっていき、


ついに恋愛経験のなかった二人が


結婚するという共通の経験にまでたどり着いたのでした。


二人は口を揃えて言います。


「貴重な経験をさせていただきました」


確かに経験を通して今があるのですが、


これからは、


どのような経験をしていくのかも二人で決めていくことになりますね。


結婚生活は二人の経験の積み重ねによって築かれていくものですから。


是非ともいい経験を選んで引き寄せ積み重ねて、


二人で幸せを築いていかれることを願っています。


大阪(事務局) マリッジコンサルタント 山名

予習なしの出会い

殻を破りたい。


破って何にもとらわれない素直な気持ちのまま人を好きになりたい。


そんな思い・・・。それは無理。


Dr.と冠のつく父と同じ職業なのだから


ちゃんと"条件"を重視しなければ。


そんなためらい・・・。


自分自身の思いや感情がもやもやと交錯する。


だから、「パーティーに出てみない?」と


アドバイザーに勧められた時、


「パーティー?ああそうか、プロフィールから入ると


条件に目が止まって予習してしまうけど、


予習なしにぶっつけ本番で出会う


というのもいいかもしれない。」


と気持ちが揺れた。


「うん、そうしよう。まっさらな状態で出会ってみよう。


殻は破れなくてもヒビぐらい入れられるんじゃない?」


彼とはそうやってパーティーで知り合った。


話題に事欠かず、言葉の端々に自信さえ垣間見える彼。


さぞや一流大学出の一流企業の・・・と思ったが・・・。


彼は専門学校出のパティシエだった。


軽い衝撃を感じた。


彼が一流大学出の一流企業の・・・


じゃなかったことに心残りがあったからではない。


そうではなくて、肩書きに頼らない彼の魅力に触れて、


人を判断することの本質というものを思い知らされたからだ。


彼は自分の強い意志でパティシエになった。


なのに学歴がないというだけで、


相手の親から難色を示されることが度々あったという。


内面には自信があっても、それだけで勝負するところまで


行き着くことができない。


彼にも、予習のない、予習されない出会いが必要だったのだ。


客観的に見たときの歴然とした学歴の差。


パーティーに出会いを求める決心をするまでの私を


がんじがらめに捕まえていた学歴の意識。


しかしそんなものは邪魔な物でしかないことに気がついた。


彼を知れば知るほど想いが大きくなっていく。


溢れ出てくる。


この想いがひとえに彼の内から滲み出てくる魅力によるところであることは、


むしろ彼に学歴がないからこそ明瞭だ。


そして彼の家に行ってまた驚いた。


彼は裕福な実業家の長男だったのだ。


そんなことなど知らずに彼に惹かれたのだけど・・・。


このことは逆に、彼に私の想いが純粋であることを


信じさせることになったと思う。


やたら条件を見比べて初めから色眼鏡をかけての出会いよりも、


何にも頼らない、人本位の出会いが私たちには必要だったのだ。


彼は忙しい。


リゾート地でおしゃれな店を持ってパティシエとして成功しただけでなく、


手広くカフェの経営にまで乗り出して日本各地を飛び回っている。


益々発展していくことを願うし、


もちろんそうなることは間違いないと信じているけど、


私は私でDr.の仕事があるのだから


彼の事業がどうなろうとも支えていける。


私にとっては、彼がいつまでもそのままの彼でありさえすれば、


それだけでいい。


お互いに人物本位で選び選ばれた私たちの絆は固いぞ、と呟いて、


そんな自分の言葉に照れながらも幸せを噛みしめている。


「ほら、よかったでしょう?パーティーに出て。」


「あなた達はきっとお似合いとにらんでいたけど


こういう出会いにしないと難しいと思って、


それでパーティーに出てもらったのよ。」


とアドバイザーに言われた時はさすがに驚いた。


はめられた!のかな?


でも今となっては嬉しいトラップ、ありがたい罠。


感謝せずにはいられない。


大阪(事務局) マリッジコンサルタント 山名

結婚相談所物語、内容紹介 結婚相談所物語、内容紹介
婚活(こんかつ)から成婚までの考え方やアドバイス、大阪、京都、神戸、と関西に支社を持つ当相談所内で起こった出来事など、様々な物語を綴っています。
※婚活・成婚エピソードは実際の出来事を元にしていますが、記載されているお名前などは全て仮名です。