結婚相談所物語

私の場合

私が生まれた時、彼は17歳。


彼が成人した時には私はまだ3歳、ということだ。


20歳の青年と3つの幼子では


随分年が離れて随分違う。


そして、成人してから私13年、彼30年。


でも、大人になってからの年数なんて


比べることに意味があるかしら?



年が離れている彼?


いや違う違う。


この人!と思えた男性が、


たまたま年が17歳離れていただけのこと。


それは単なる事実。意図はない。



子持ちの彼?


それも違う違う。


この人!と思った男性が、


たまたま奥さんに先立たれていただけのこと。


それも単なる結果。意味はない。



色々婚活してきた。


誰とでもいい、というわけではないからこその積極的婚活。


なるべく早く。


暮らしも心も豊かな人と。


決して贅沢を望んでいるわけではないけど、


経済的なゆとりが豊かな暮らしにつながり


心に余裕が生まれる・・・。


そう思ったから。



だけど巡った結婚相談所の大半は、


私が初婚で若いのだからという頭で相手を選んで紹介してくる。


だけどそれは当然。


でもなかなかいい出会いは見つからない。


性急に答えを求めてくる人、


毎回表情を変えてつかみどころのない人、


思い込みの激しい人。


随分不快な思いもした。


豊かさのかけらもないと嘆息する。


でも紹介してもらったからには、


なぜその人を受け入れらないのか、


自己分析も兼ねて明確に伝えるようにする。



時が流れ、焦った。



もう一度だけリセットしてみよう。


そう思って訪ねたサロン。


豊かな人と早く結婚したい、と言い慣れた私の希望。


そうして彼と巡り会い1ヶ月半・・・。


結婚を決めた。


そんな年上の人と?


大学生の娘と高校生の息子がいるのに?


あなた若くて初婚なのに何もいきなりそうでなくても・・・友でさえそう言った。


担当者もまた相応な年齢の人とも会ってみるように薦めてきた。


年上じゃいけないの?


無理して娘と息子と思わなくてもいいんじゃない?


家族というだけではいけない?


とはいちいち反論しなかった。


ただ、私の求めた豊かな人が彼だっただけのこと。


心でそう呟いた。



亡くなった奥さんのことは一つの事実と時代。


これからの私とのこともまた別の事実と時代。


でも意味のない偶然はないから、


彼と子供達にはどちらも大切にして欲しい。


やっていける、と私は思う。


彼は夫として、その豊かさで私を包み込んでくれるだろう。


私はその心地よさに感謝して、


夫と子供達を家族として愛するだろう。



私が求めていた結婚は・・・。


私が満足しているところで障害は・・・


何もない。


大阪(事務局) マリッジコンサルタント 山名

【参加費無料】親御様のための~子供の結婚を考えるセミナー~

親御様のための~子供の結婚を考えるセミナー~
親御様のための~子供の結婚を考えるセミナー~
※クリックでPDFが開きます。

親御様のための
~子供の結婚を考えるセミナー~


テーマ:
知っておきたい!「結婚相談所の選び方」と「結婚相談所の違い」
主催 : (株)エムロード


京都セミナー
日時:平成29年6月17日(土)
13:30~
場所:オフィス・ワン四条烏丸(京都市下京区室町通綾小路上鶏鉾町480 番) <地図>

個別相談も可能です(大阪:NU茶屋町プラス 31F(事務局)/ダイドーメゾン大阪御堂筋 7F・神戸:神戸国際会館 17F・京都:オフィス・ワン四条烏丸 6F)●定休日 /水曜日
詳しく相談ご希望の方には、アドバイザーによる個別相談会(無料)も開催します。
定員を超えた場合抽選とさせて頂きます。ご了承下さいませ。


申込方法:お電話で、ご参加希望者様の氏名・お電話番号・ご住所をお知らせくださいませ。


お問い合わせ先  (株)エムロード
フリーダイヤル 0120-4122-46


※当日のご入会はお勧め致しません。

年度替わりの頃

年度替わりの頃、街は希望に溢れ、


それぞれの門出を祝う、


華やいだ人々で溢れている。


私にもあったあの眩しく輝いていたあの頃が...。


でも近頃なぜか心が晴れない。


押し寄せる孤独感---。



ずっと独身だと寂しくないですか?


よく聞く言葉。



寂しさかぁ~、確かに寂しさはある。


独身だから寂しいというよりは、


関係なく、近頃なぜか寂しい。



特に年度替わりは


新入社員のはつらつさがとても眩しい。


それだけ年令を重ねたということなのか。


あの頃は今まで一人でいるなんて想像もしていなかった。


今頃はちゃんとお母さんをしていると思っていた。


私は今まで何をしてきたの?


私は今まで何を求めてここまで来たの?



社会人になってから笑う回数が極端に減った。と、


この頃つくづく感じる。


心から笑えなくなり、


世渡りがうまくなってきた頃から、


どこか心の中に空虚感が生まれるようになった。


独身だと寂しくないですか?


と再度問うてみた。


逆に独身でなかったら...。


つまりは結婚したら寂しくないのかと言えば...。



ただ、結婚しても寂しい人はいる。


家庭の中でも孤立している人はいる。


などと、結婚を否定的に考えてはみても、


結婚によって家族との関わりは生じるわけで、


それらは寂しさを忘れさせてくれるのではないかと思うようになった。



つまり、歳とともに、一番の孤独は


他人との繋がりがない生活じゃないかと思うようになった。



今の私は仕事だけ。


仕事は成功した、達成した。


欲しかった役職も手に入れた。


でも、これから先、どうなるの?


この寂しさからは、いつ解放されるの?


だから、婚活を始めた。


とても遅いスタートだった。


もっと早く気づけばよかった。


結婚したいとは切実には思わないけど、


今のままじゃ嫌だと思う。


ただ、結婚は寂しさでするものではなく、


愛情でするものではないかってアドバイスされたこともあった。


そうありたいと今まで願ってきた。



でも、実際のところ、愛情よりも、


寂しさから結婚している人もいるんじゃないのかなって。


近頃思えるようになってきた。


それでもいいんじゃないかなって。


そう思うようになってきた。


彼にときめくような感情はない。


でも一緒にいてイヤではない。


二人でいると、寂しさが薄らぐ。


こんな結婚っていけないですか?



私、決めました。結婚します!!


きらきらとした輝きはなくなったかもしれないけれど、


女性としての人生も歩みます。



私、37才 国立大学卒 公務員。仕事は続けます。


彼、40才 国立大学卒 会社員。料理が得意で、真面目で誠実な男性。


神戸オフィスアドバイザー 福田