結婚相談所物語

縁の不思議

「・・・が転勤ですって」


「え?何?」


「転勤なのよ。しかも新潟って遠いわよねぇ」


「一体誰の話?」


「だからNさんよ!」


スタッフの間で話題になっているNさん、


長年の会員だ。


とにかく難しい男性である。


そもそもがそんなに若くもないスタートだったのに、


まあ細かいことこの上なし。


という訳であっという間に5年が過ぎようとしている。


おそらく仕事はよくできるのだろう。


真面目だし聡明だし、


それは年収も物語っている。


しかし、自分に厳しい分


相手に求めるものもなかなかだ。


もちろん態度に表すわけではない。


が、評価は本当に手厳しい。


なのでちっとも決まらない。


業を煮やすスタッフとも衝突しがちであった。


しかし考えようによっては優しいのかもしれない。


心にもないことを言って


気に入られようという素振りもなく、


思わせぶりで相手を下手に振り回すでもなく。


とは言え我々もいつまでも


手をこまぬいてばかりはおられない。


そこで、


これまでの経験を頼りに、


それこそ知恵を絞りに絞って"この人"


という女性を引き合わせた。


Nさんの新潟転勤はそんなプランが


動き始めた矢先のことであった。




これほどまでに厳しくて細かい人は、


いつも感覚を研ぎ澄ませているのだろうから


癒し系がいいだろう。


だけど緩いだけなら、


癒される前に緩さが耐えられないと


感じるかもしれない。


と色々算段の結果、


見かけは癒し系、


しかし内面は案外シビアな女性を


選んで紹介していたのだ。


彼女は情緒的で柔和な雰囲気を持っているのだが、


その実理想が高くて融通が利かない。


それはそれでギャップの妙でいいのだろうけど、


年齢がそこそこであるのがブレーキになって、


やっぱり決まらないでいた。


しかし、さすがにもう時間の猶予はない、


という意識は彼女にも芽生え始めていた。


だから彼女にとってもチャンスだろうと考えたのだ。


言うなれば、頑固だけど手を抜かずに


丁寧に世話をする優秀な職人に、


可憐だけど世話が難しくて


手間のかかる品種の花を当てがった、


そんな感じであった。


両者の相性が良ければ切っても切れない


間柄になるはずである。


男性の転勤は、このマッチングがうまくいくのかを


見定める序章でのハプニングだった。


さて思わぬ事情変更が果たして


吉と出るのか凶と出るのか。




「Nさん、帰って来るらしいわよ」


「Nさんって新潟に転勤していた方?」


「短かったのね」


「そうじゃなくて、彼女に会いによ。


新潟からわざわざ帰って来ているそうよ」


Nさんは毎週のように新潟から


彼女に会うために神戸に帰って来るようになった。


まるで一週間も手入れをしないと


この花はダメになってしまう、


と心配するように。


その熱意たるやこれまでの5年間で


ついぞ見たことがなかったが、


でも意外という印象はなかった。


彼は、はまれば的中する、


そういう予感はあった。


花の手入れは、ちょっと複雑なぐらいの方が


職人魂を揺さぶられていいのかもしれない。


世話をされる花にしても、


花の気位が高ければ高いほど、


手をかけられただけ


鮮やかに咲き誇るものなのだろう。


そうして見事に花開いて、


手間暇かかる煩わしさを


喜びに変えるマジックよろしく、


彼を完璧に癒してしまったのである。


結局は、Nさんは彼女に対しては


緑の指を持っていた、


と言えるかもしれない。




男女の感情の機微は、


こういった別の関係に置き換えて考えてみると


腑に落ちることもままあるものだ、


と今月の成婚退会者のリストに


一筋縄ではいかなかったお二人の名前が、


しかもカップルとして


一緒に載っているのを目にして


縁の不思議さにしみじみと感じ入った次第です。


大阪(事務局) マリッジコンサルタント 山名

母の作戦

娘は3人兄妹の末っ子。


よく言えば明るく天真爛漫、


ですが世間知らずと申しましょうか、


突拍子も無いことをしでかすことがままあって、


感心させられたり呆れたり。


その振幅の大きさにやれやれと思うこともしばしばです。


でもここぞという時にはちゃんと意見しようと思っています。


何と言っても母親なのですから。


アメリカの大学に行くと言いだした時も、


地元を離れて進学するとは覚悟していましたが


よもや海を越えて行こうとは。


大丈夫よお母さん、


私は日本が好き、


だから外から見てみるのもいいことよね、


とそれらしい事を言われると反対する理由も見当たらず、


卒業したらとりあえず帰ってくることを約束させて送り出しました。


約束通り卒業後は帰国して煎茶道のお稽古などを始めていましたが、


男女に関してはアメリカ式の恋愛至上主義とやらでしょうか、


楽しむことが第一とでも言うように色々な恋愛を謳歌していたようです。


私も暫くは黙って見ておりましたが、


適齢期を過ぎようかという娘をいつまでも放っておけず、


あなたの恋愛はお好きなように、


でも母親として見過ごすわけにもいかないから


結婚に関しては動くわよ、と宣言しました。


娘も適齢期であることは分かっているようで頷いていましたが、


その表情はまるで受けて立つわよと言わんばかりでした。




さて、そうは言ったものの


どうやって相手を探せばいいやらと思案です。


人様にお尋ねして考えた末、


結婚相談所を利用することにしました。


選択肢はそこそこあるけど多くあり過ぎないこと、


紹介相手の背景が鮮明であること、


相談できる世話役がいること、


この3つの条件で絞り込み、


恋を見つけましょうとか、


誰とでも会えますとか、


ただ沢山紹介するだけのところはふるいにかけ、


選んだのは地元からは離れますが大阪の歴史ある結婚相談所。




アドバイザーには、恋愛ではなく結婚の相手を、


恋愛下手の方でもいいですとお願いしました。


恋愛至上主義の娘がそういう人を選んだら、


その選択は絶対的だと思ったのです。


おかしな条件かなと思いましたが、


承知しましたと事もなげに即答されましたので、


私の真意は通じたものと確信しました。




初めは冷やかし半分で活動していた娘も、


結婚式に招待されたり


アメリカから早くもシングルに戻ったという


知らせが届いたりするうちに本気になってきたようです。


そして、今回、娘にしては


長く付き合っているなと思っていたある日、


「地元まで会いに来てくれるんだけど...。」


とその口調は珍しく迷っている様子でした。


気になってアドバイザーにお尋ねすると、


「お母さん、ご自分でこっそりお確かめになっては?」


と仰るではありませんか。


なるほどと思い、娘には内緒で


少し離れて二人の会話を見守ることにしました。


彼は、考えるより先に言葉が出る


というタイプではなさそうです。


だけど弾けた感の強い娘を


ちゃんと包み込んでくれる鷹揚さがあり、安堵しました。


でも娘の躊躇もわかります。


とにかく恋愛は楽しむものとしてきたのですから

<

多少のギャップに戸惑いがあるのでしょう。


でもお付き合いを続けているのは、


出会い頭のトキメキはないけれど、


マイナスも見当たらない、あるいは


それを上回る何かを感じているからかもしれません。


ここは母親の出番かな、


と私は決心しました。


自分が思い描いていた恋愛の定石から


かけ離れていることに気付きながら


捨てきれないこの関係をどうするか。


私は娘がまだ見つけていない


娘自身の本心に分け入っていきました。


「あなたの言う恋愛って、手を繋いだり


気分いいことを言ってもらったり


記念日に贈り物貰ったり?」


「それは傍から見てもわかるし


他人に話して聞かせもできるわね。


友達から羨ましがられると優越感にも浸れる。」




「でもね。」


と娘に言いながら私はいつしか自分自身へ語りかけていました。


「でもね、長い結婚生活での悦びって


他人に話すと何でもないことでも自分だけには見いだせる、


そしてこっそり楽しめることじゃない?」


「仕草だけで相手の気持ちが解った瞬間とか、


離れていても同じことを考えていたこととか。


娘の些細な成長に二人して喜んだなぁ、


と思い出しながら他人にはどうでもいいことを共有できる、


共有しようと努力することが夫婦の醍醐味なんだ」と


私自身、話している今わかった気がしました。




現実生活における日常の尊さを


結婚しないうちから解れとは言わないけれど、


せめて経験者の話から想像して欲しい、


とふと娘に目をやると、


娘も何かに思い至ったような面持ちで、


「近日中に結論を出すわ」と神妙に答えました。




それから数日後、


天真爛漫でよく笑う、


加えて物怖じしない弾けた娘。


やっと恋愛至上の呪縛から解け、


そのままのキャラクターを活かせてもらえる。


ちょっとおつきあい下手だけど


穏やかで誠実なお相手の元へ、


もうすぐ嫁ぎます。


大阪(事務局) マリッジコンサルタント 山名

父の出番~PART2(男の適齢期)

嫁が私にしきりにけしかける。


あなたからも言ってよ。


あの子ももう35になるのだから。


そうか、あいつももうそんな歳になるのか。


図体は大きくなったが歳もくったな、


と思いに耽(ふけ)っていたら嫁は機嫌悪そうに、


自分の息子のこと、


もっと真剣に考えてよ、と愚痴る。


考えてないこともないが


こればっかりはどうしようもないじゃないか、


もう家も出ていることだし。




最近、息子の結婚についての話題が


どんな料理よりも頻繁に食卓に上る。


母親としてやきもきする気持ちもわからないではないが、


どうしようもないという結論は変えようがない。


そんなある日、


嫁がどこからもらって来たのか


資料を取り出してテーブルの上に並べた。


結婚相手を世話してくれるところの案内らしい。


なるほど、そういうシステムがあるのか。


しかし、あいつが素直にそんなところを


使うとは思えない。


いつものようにおちゃらけて


煙に巻くだろうことぐらい目に見えている。


だからあなたから言って欲しいの、と嫁。


どうやらその結婚相手を世話してくれるところで、


父親に諭されて結婚する気になった息子さんの話を


聞いて来たようだ。


それにしても何をどう話せばいいんだ?




今度の週末にあの子が帰ってくるから土曜に話してね、


日曜はそこへ連れて行くんだから。


なんならあなたが連れて行ってくれてもいいのよ。


嫁が猛然と息巻いてきた。


こうなればノーと言ったらとんでもないことになる。


仕方ない、


酒でも飲みながら話をするとしようか。


そうとは知らず呑気面下げて帰ってきた息子。


しかしいつもと雰囲気が違うと察したようで、


いつも以上におちゃらける。


嫁が私の方を鋭い眼差しでじっと見つめる。


私は観念してポツリポツリと話し出した。


「嫁をもらうあてはあるのか?」


「ない」単刀直入過ぎて息子も逃げ道を失ったようだ。


「お前、女嫌いとかそういうんじゃないだろ」


「まさか」


「そろそろもらえ」


「そのうちな」


「いや、もうもらわなきゃならん」


「考えとくよ」


「お前いくつだ」


「35」


「35に25を足してみろ」


「60...」


「定年まであと25年。


子供が生まれてお前のように大学院に行ってみろ、


一浪でもしていたら卒業する時にギリギリ定年だ。」


「子供も一人とは限らんぞ。


女とは違う意味で男にも適齢期はあるんだ。


そこはよく覚えとけ」


「...」


「母さんがいい所を教えてくれた」


「?」


「嫁さんを世話してくれる所だ。


明日私と一緒に行ってみるか?」


「......親父が行きたいなら付き合ってやってもいいよ」




そういうわけで、


成り行きで私も結婚相談所とやらに出向くことになった。


秘密めいた場違いな所だったらどうしよう、


と多分あいつも思っていたはずだ。


道中、私と二人口が重い。


しかし、予想に反して、


何というか、普通であった。


ほっと胸をなでおろす。


あいつも同じ心境だったらしい。


「ずいぶんと背が高いのねぇ。


何を食べてこんなに大きくなったのかしら(笑)」


と場を和ませようとスタッフの女性が話しかけてきた。


「ファミマでこんなに大きくなりました」


即答で切り返すいつものようにおちゃらけな息子。


どうやら平常モードに戻っているようだ。


そうだな、


あんなにチビだったこいつが大学で家を出てはや15年、


ファミマで何を食ったか知らんが


確かにでかくはなったよな。


チビだった頃のこいつに似た孫にでもまた会いたい。


そんなことを薄らぼんやりと考えながら、


私は頭を下げていた。


「どうぞよろしくお願いします」




それからはあまり詳しくは知らない。


真面目に嫁さん探しをしているのか、


独身寮にいる息子に親父が


しのごの言うのも如何なものかと思うし、


嫁が私の分までやんやと言っているだろうし。


そんなある日、


嫁が朝から忙しそうに片付けをして、


その割には機嫌がいい。


今日はなんの日だ?


と聞いたら、


何とぼけているのよ、


今日よ、あの子が連れてくるのよ!


彼女を!


そう言えば息子が帰ってくるとか言っていたな。


そうこうしているうちに玄関先に大木と


それに止まった小鳥のような二人が立っていた。


実によくコロコロと笑う子である。


いいじゃないか。


笑いのツボが同じ夫婦っていうのも。


きっと明るく元気な家庭になるだろう。


二人が帰った後に嫁がポツリと言った。




「あなたがあの子に言った"男にも適齢期がある"って言葉、


あれがあの子には効いたみたいよ。


まあ、あんな可愛い子を連れてくるのだから


親の欲目で見てギリギリセーフね、男の適齢期」




息子と酒が飲めるようになった時は嬉しかった。


次は息子と家族同士の付き合いが出来るのが楽しみだ。


大阪(事務局) マリッジコンサルタント 山名

結婚相談所物語、内容紹介 結婚相談所物語、内容紹介
婚活(こんかつ)から成婚までの考え方やアドバイス、大阪、京都、神戸、と関西に支社を持つ当相談所内で起こった出来事など、様々な物語を綴っています。
※婚活・成婚エピソードは実際の出来事を元にしていますが、記載されているお名前などは全て仮名です。