結婚相談所物語

誤 算(中編)

だけどそれは本当だった。


お相手選びとやらはよくわからないのですべて担当者に任せた。


僕はいついつどこへと言われた通りに行くだけだ。


すると若くて綺麗な女性に会える。


女性は嬉しそうな表情を僕に向けてくれる。


仕事先の女性なんか微笑んでくれるのは


受付嬢ぐらいなもんだから新鮮でいい。


しかし、疲れた。


一生懸命共通の話題を探して慣れない会話をしているからなのか。


綺麗どころがあまりにも眩しくて柄にもなく緊張するからなのか。


とにかく日曜日なんぞにこれがあると


言いようのない疲労感を翌日まで引きずるのだから情けなくなる。


でも仕方がない。


それでお見合いは土曜日にしてください、


と担当者に頼んだ。




「あなたと一つしか違わないからそこそこの年齢の女性だけど、


どうしても会わせて欲しいって言うから。いい?」


ある日担当者に尋ねられた。


土曜日ならいい、


と答えて先方の写真を見る。


あ、なるほど今度は普通。


キラキラ輝いた特別の美人でもない。


僕も随分お見合いに慣れたのかも。


なんて思いながら会ってみると、


見た目の普通以上に会話も普通。


だから疲れなかった。


あれ?


次回の話を読む
前回の話を読む


大阪(事務局) マリッジコンサルタント 山名

結婚相談所物語、内容紹介 結婚相談所物語、内容紹介
婚活(こんかつ)から成婚までの考え方やアドバイス、大阪、京都、神戸、と関西に支社を持つ当相談所内で起こった出来事など、様々な物語を綴っています。
※婚活・成婚エピソードは実際の出来事を元にしていますが、記載されているお名前などは全て仮名です。