結婚相談所物語

父の出番~PART1(前編)

長年教育者として多くの子供に接していると


一定の法則が見えてくると彼の父は言った。


第一に、家庭教育において父親の参加は重要です。


時間的制約などで不完全であってもゼロか


そうでないかの違いは確固たるものがあります。


次に、子供はバランスよく導いてやらねばなりません。


ある分野に突出した能力を示す子もいますが、


その能力を活かすにも最低限の総合的力は必要です。


最後に、発育段階の時点に応じ相応しいことをさせておかねばなりません。


遊びも学習も時機を外れると取り返しがつかなくなります。


この三つのことは当たり前のようですが


実践となるとなかなか難しいのです。




さて、我が身に置き換えて彼の長男。


それなりに順当に育って社会人となりました。


社会人としては真っ当に責任を果たしているようです。


しかし私生活においては偏りがある。


いやその偏向ぶりは年々増しているかのようです。


その最たる問題が結婚です。


結婚は遊びでも学習でもないですが、


むしろ"いつから始めても遅すぎません、


思い立ったが吉日"などと謳っている


語学やペン習字などと比べても


格段に「時機」が重要でしょう。


次回の話を読む


大阪(事務局) マリッジコンサルタント 山名

結婚相談所物語、内容紹介 結婚相談所物語、内容紹介
婚活(こんかつ)から成婚までの考え方やアドバイス、大阪、京都、神戸、と関西に支社を持つ当相談所内で起こった出来事など、様々な物語を綴っています。
※婚活・成婚エピソードは実際の出来事を元にしていますが、記載されているお名前などは全て仮名です。