結婚相談所物語

恋愛=結婚? 中編

例えば親子。


我が子とはいえ誕生したばかりでは


未知の相手に時には苛立ち時には対立しながらも、


気がつけば無償の愛の対象になっているではありませんか。


大切なのは、


どんな相手にせよ付き合いの経験を積もうとする気持ち、


そしてその目的を間違えないことなのです。


共に恋愛経験のない男女がいました。


彼は真っ正直なあまり、


恋愛感情のない交際はいけないことのように思っていました。


一方の彼女は恋愛に憧れ、


自分で勝手に夢想した交際の形を追い求めていました。


だから、現実の交際に関して彼は下手、


彼女は踏み込むことすらできない、


そんな状態でした。


そこで二人には、


それぞれの"経験"を積んでいただくことにしたのです。




彼には、ドラマのように迸るような感情が


必ずしも結婚には必要ないということを理解してもらうため、


交際を一歩一歩積み重ねていきながら


自分の感情の変化を見つめる経験。


次回の話を読む
前回の話を読む


大阪(事務局) マリッジコンサルタント 山名