結婚相談所物語

年度替わりの頃

年度替わりの頃、街は希望に溢れ、


それぞれの門出を祝う、


華やいだ人々で溢れている。


私にもあったあの眩しく輝いていたあの頃が...。


でも近頃なぜか心が晴れない。


押し寄せる孤独感---。



ずっと独身だと寂しくないですか?


よく聞く言葉。



寂しさかぁ~、確かに寂しさはある。


独身だから寂しいというよりは、


関係なく、近頃なぜか寂しい。



特に年度替わりは


新入社員のはつらつさがとても眩しい。


それだけ年令を重ねたということなのか。


あの頃は今まで一人でいるなんて想像もしていなかった。


今頃はちゃんとお母さんをしていると思っていた。


私は今まで何をしてきたの?


私は今まで何を求めてここまで来たの?



社会人になってから笑う回数が極端に減った。と、


この頃つくづく感じる。


心から笑えなくなり、


世渡りがうまくなってきた頃から、


どこか心の中に空虚感が生まれるようになった。


独身だと寂しくないですか?


と再度問うてみた。


逆に独身でなかったら...。


つまりは結婚したら寂しくないのかと言えば...。



ただ、結婚しても寂しい人はいる。


家庭の中でも孤立している人はいる。


などと、結婚を否定的に考えてはみても、


結婚によって家族との関わりは生じるわけで、


それらは寂しさを忘れさせてくれるのではないかと思うようになった。



つまり、歳とともに、一番の孤独は


他人との繋がりがない生活じゃないかと思うようになった。



今の私は仕事だけ。


仕事は成功した、達成した。


欲しかった役職も手に入れた。


でも、これから先、どうなるの?


この寂しさからは、いつ解放されるの?


だから、婚活を始めた。


とても遅いスタートだった。


もっと早く気づけばよかった。


結婚したいとは切実には思わないけど、


今のままじゃ嫌だと思う。


ただ、結婚は寂しさでするものではなく、


愛情でするものではないかってアドバイスされたこともあった。


そうありたいと今まで願ってきた。



でも、実際のところ、愛情よりも、


寂しさから結婚している人もいるんじゃないのかなって。


近頃思えるようになってきた。


それでもいいんじゃないかなって。


そう思うようになってきた。


彼にときめくような感情はない。


でも一緒にいてイヤではない。


二人でいると、寂しさが薄らぐ。


こんな結婚っていけないですか?



私、決めました。結婚します!!


きらきらとした輝きはなくなったかもしれないけれど、


女性としての人生も歩みます。



私、37才 国立大学卒 公務員。仕事は続けます。


彼、40才 国立大学卒 会社員。料理が得意で、真面目で誠実な男性。


神戸オフィスアドバイザー 福田

結婚相談所物語、内容紹介 結婚相談所物語、内容紹介
婚活(こんかつ)から成婚までの考え方やアドバイス、大阪、京都、神戸、と関西に支社を持つ当相談所内で起こった出来事など、様々な物語を綴っています。
※婚活・成婚エピソードは実際の出来事を元にしていますが、記載されているお名前などは全て仮名です。